売上の減少は経営上の問題ではない

2回目の講義録音を聞き返していて、改めて認識しました。

もちろん経営に大きなインパクトのある出来事ですが、あくまで「現象」として現れていることであって、その奥にはもっと根本的な問題が潜んでいるわけです。「マーケティング戦略の欠如」とか「人材開発戦略がないことによって、コアスタッフが辞めてしまった」とか。

講義の間、何度も耳にしましたが、表出している現象面のみを捉えて、強み弱みを言うのではなくて、それらの大本になっている1段上の問題を認識すること、これが重要なんだそうです。

売上が減少していることにとらわれると、売上も利益も伸びている場合、「問題ないんじゃない?」と勢い考えてしまうので、かなり目からウロコでした。

こういった気づきがどんどんでてきますな。ビバ勉強!
[PR]

  by jinzabro | 2005-02-03 12:10 | 診断士

<< 転職先の人事の方に会ってきました TBC2回目です >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE