こおろぎ

昨日うちへ帰ったら、玄関のところでかみさんが「鈴虫(実はこおろぎ)がいる」と言う。
やけに鳴き声が近いので、庭ではなさそうだ。

かみさんは、玄関の足元に隙間があって、そこにこおろぎが入り込んで鳴いてると言って、懐中電灯で隙間を照らしている。「ほらちょっと動いてるのが見えるでしょ」って、残念ながらおいらにゃ見えまへん。

しっかし、手入れせずにジャングルと化したうちの庭ならこおろぎもさぞハッピーだろうに、よりによって玄関のドア下の隙間になんか入らんでもええのにと思う。

すきまが小さすぎて、自力で出ることも出してやることもちょっと難しそうやし。

彼はその残りの一生を玄関のドアの下で鳴いて過ごすことになるのかと思ったらなんか切なくなってきた。前にテレビで見たけど、壁の隙間に入ったハムスターを助けようと、壁をぶっ壊してた家族がおったなぁ。せやけどさすがにこおろぎのためにドアぶっ壊すのも何やし。

ああ、人間はなんと無力な生き物なのでせうか。


ちなみに松虫の声は・・・
      鈴虫の声は・・・

[PR]

  by jinzabro | 2004-09-06 22:21 | 私事

<< コオロギ 模擬試験終了 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE