ポストモダンマーケティング

「ポストモダンマーケティング」 スティーブン・ブラウン / ダイヤモンド社

b0013206_10133381.jpg
「顧客志向でない」マーケティングのすすめです。
科学的アプローチにとらわれないマーケティングの考え方は、前衛的でありながら、過去ずっと繰り返されてきた手法だと主張します。

「限りなく選択肢があるように思われている社会で、足りないものは唯一つ。それは足りないこと、そのものです。つまり「不足」が不足しているのです。稀な事が稀なのです。」
「マーケティーズは、企業は顧客にペコペコ追従するよりも、顧客を困らせるように(あまりにも困って嬉しいくらいに)するべきだと断定します。」
「人間は自分が所有できないものを欲しがり、いったん所有したものはありがたらない。」

なかなか面白い視点です。
星3つ。★★★
[PR]

  by jinzabro | 2005-05-18 10:44 | 読書

<< スモールビジネス・マーケティング ライフログについて・・その2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE