白書まとめ5_最終

(第3部 日本社会の活力)
(第1章 日本社会の変化)

<人口減社会>

日本の人口減少⇒生産年齢人口/労働力人口(減)=課題

経済成長率の維持のためには・・・
(生産面) (量)労働力率↑ 
       (質)資本・技術・情報・人材=TFP(全要素生産性)↑
 cf フリーター・ニートにより、人的資源の蓄積&技能継承が困難になっている

(需要面) 海外展開・販路開発・高付加価値・高齢化対応

少子化の反転/人口減少の影響を緩和⇒政策

中小企業は、
1)女性・高齢者の活用 ⇒労働力率の向上
2)出産・育児対応    
3)若い世代に多様な雇用機会の提供 ⇒経済基盤の安定化へ
  フリーターにも提供/現状雇用のミスマッチあり

4)自営業への期待:出生率にも好影響か

<家庭と地域社会の変化>


<経済格差拡大>

・所得のばらつき大きい
 1)雇用者の賃金分散の拡大
 2)高齢者の無業者世帯の増加
 3)母子家庭の増加        ⇒中小企業によるバックアップ要
                       パートの採用等
・二重構造論
 賃金と生産性の格差:大企業&中小企業間
 →格差は縮小中 →「もう二重構造はない」

 ⇒(政策)①経営基盤の強化
       ②創業・経営革新の自助努力の支援
       ③セイフティーネットの整備

・中小企業への期待:
 自営業:出生率に正の相関関係/人材の流動性に良い影響
・自営業は増えていない
 ①機会費用(給与)の差 
 ②資産デフレによるリスク許容度の低下


(人材を巡る諸問題)

<労働市場の変化>

・雇用:
 1)情報発信力が弱い ⇒情報発信をする
 2)魅力的な職場と受け止められていない ⇒魅力的な職場にする
    ⇒給与ではなく人的資本(経験・技能)を蓄えることができること

・フリーター・ニートの増加 →需要面にも影響を及ぼす

<後継者>

・子供が承継しない理由
 1)事業に将来性・魅力がない ⇒経営革新/話し合う
 2)能力・資質がない       ⇒経営者教育 cf OJTにも限界

・親族以外が承継する時の問題
 1)不動産担保
 2)過半数の株式

・事業承継後に成功するために・・・
 根回しはOK 口出しはNG

<右腕>

・規模が小さいほど子供が右腕

<就業者>

・人材確保のための情報発信
 1)インターンシップの受入
 2)地元コミュニティでのイベント参加

<人材育成>

・OJTのみの教育の限界
 1)業務多忙でOJTを行う余裕がない
 2)正社員/非正社員の業務分割によりOJTの機会喪失
 3)技術革新のスピードが速まっている
 
 ⇒cf 教育訓練費の一定割合を法人税額から控除する税制が創設


(第3章 創業者・自営業者の役割)

<雇用創出>

・雇用創出企業の特性
 1)マーケティング/販売に関して分業を行う企業
 2)新事業への進出経営管理の改善に取り組む企業
 ⇒高い雇用創出力
 

以上
[PR]

  by jinzabro | 2005-07-13 11:05 | 診断士

<< 事例中 白書まとめ4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE