2次試験で問われていること

昨日今日の勉強で気づいたことがあんねんけど、
(頭の中で情報がリンクしたんやね)
事例で問われているのは以下の3点やないやろか。



 1.設問に対する論理的な解答がなされているか
   (表現できているか)
 2.与件文の見落としなくその論理的な解答はなされているか
   (方向性は正しいか)
 3.設問者の想定する事例企業にとってその解答は有効であるか
   (実効性はあるか)

そんでこれを盛り込むために、

 1.設問と与件文のキーワード見落としをしないこと
 2.設問の問うていることを考えて考えて考えること
   (多面的な切り口を考えること)
 3.解答(表現)の引き出しを多く持つこと(写経すること)

が有効になるんやないやろか?

hiro_nestle さんいかがでしょう?

書いてしまえばそんなことかと思ってしまうねんけど、
自分にとってはようやく勉強の方向性が見えたような気がします。
あと3週間でこれをどこまで詰められるかやけどね。
[PR]

  by jinzabro | 2004-09-21 10:37 | 診断士

<< FSP対銀座のクラブ オーガニックをタイトルにしました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE