与件文の読み方

TBCビデオの中で渡邉教授が話していた方法、
それは「与件文を3回読む」こと。

今まで通読は1回、問いの解答作成時に端々を読んでましたが、
テキストの事例を復習するにあたって、3回読んでみるとあら不思議。
今までとは事例企業の見え方が違うじゃーないの!
しかも与件文の見落としがほとんどない!

見落としがなければ、考える時間が少なくなるだろうから、
トータル時間もそんなに増えないんじゃないか?

80分の限られた時間の中で、どこまでできるかはわかりまへんが、
次回演習からやってみましょう!
[PR]

  by jinzabro | 2005-07-16 13:38 | 診断士

<< あいさつ 事例中 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE