FSP対銀座のクラブ

オイラではない「べっちさん」がこんな内容で記事を書きはった。

イトーヨーカ堂から妻のもとへ、なにやら優待券が贈られてきた。なになに・・・
「10万円以上使ってくれたお客様だけにお送りする優待券で、紳士服など一部の商品が25%OFFです」・・・てなことらしい。
これを見てふと診断士を勉強していたときのことを思い出した。それは何かというと、「FSP」である。良い子の受験生なら知ってると思うが、FSPとは「Frequent Shoppers Program」といって、要するに、しょっちゅう来店しいっぱいお金を使ってくれるお客さんにはサービスをふんだんに行い、バーゲンのときだけきてあまりお金を落としてくれないお客は冷たくあしらおうって(っていうといいすぎだけど)話だ。・・・




個人的にはFSPより銀座のママさんの方がうれしいもんです。
なんでかってーと後いくつポイントがたまったらこんなんしてあんなんして・・
ってそんな対したことできへんでしょ。所詮は販促費の範囲内。
そういうのが見えた時点でもう気持ちは萎えですわ。

その点銀座のママさんルールなら、なんもなくても当然。
なんかもらいでもしたら、えらいうれしいサプライズ!ですやん。

やっぱ銀座のママさんがええですわ~
[PR]

  by jinzabro | 2004-09-21 20:57 | 診断士

<< BioFach 2次試験で問われていること >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE