フルーツシリアルバー

オーガニックな日々というからには、具体的な食品のことも書いた方がいいかと思ったので、ポチポチ書いていきます。



今日の朝食は東急で買ってきたチーズ&フルーツシリアルバー&頂きもののポトフ。
チーズはなんとおフランスのペッパーチーズとガーリック&ハーブチーズ。でもオーガニックじゃあなく一般物です。ポトフのソーセージも一般物で、別にオーガニックな会社で働いてても食事全部がオーガニックってわけじゃあないですね。ガチガチにオーガニックじゃなきゃ!っていうのも逆に食事の幅を狭めますんで、「できるだけ」っていうスタンスがよろしいんやないかと思います。

ただフルーツシリアルバーはうちの取扱商品ですから、ちゃんとこだわってます。小麦は青森産の有機小麦。レーズン&カレンツ&レモンもちろん有機認証のとれたもので、素材の味を大切に1枚1枚丁寧に焼き上げたものです。

ここ少し説明しておきますが、そもそも国産小麦の生産高は国内消費量の約7%。これは有機でもなんでもない一般物を含む値です。そして02年における国内産有機認証小麦生産量はわずか559㌧。国内麦の総生産量が1046千㌧なので、有機麦の生産割合は0.05%。ということは7%×0.05%で国内消費量のわずか0.0035%しか国内産有機麦はない訳です。

一口に「国内産の有機小麦」といっても大変貴重なものなんですねぇ。
ありがたくいただきましょう。
[PR]

  by jinzabro | 2004-09-25 10:41 | オーガニックな食卓

<< 一貫性とは何ぞや? 日経ビジネス >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE