本番前々夜

明後日はいよいよ中小企業診断士2次試験当日です。1次のときほど精神的に切迫してはいませんが、勉強の達成感もありません。むしろ勉強すればするほど、自分の知識の足りなさ、浅さを認識する毎日で、できうるならばもっと深い知識を身に付けてから試験に臨みたかったというのが本音です。



ただ勉強する中で自分の中に沸き起こってきた知識に対する渇望感は、今後の自分の人生において大きな影響を与えることだと思います。そういった意味で、明後日の2次本番は今後の大きな流れの中の「途中」の出来事に過ぎません。試験本番前にこういった心境になれたことは、平常心で試験に臨むにあたってとてもプラスに作用することだと思います。受かってよし、受からずとも全力を出し切る、ただそのことを考えて答案に向かいます。
明後日を迎える皆さん、是非全力を出し切れるよう、頑張ってください。うまい酒が待ってますよ!
[PR]

  by jinzabro | 2004-10-08 21:00 | 診断士

<< 平成13年事例Ⅱからみるキーワード 平成13年事例Ⅰからみるキーワード >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE