平成13年事例Ⅱからみるキーワード

中小企業診断士2次試験、マーケティングに関するキーワード。
平成13年事例Ⅱからの抽出です。
あと3事例で過去問からの書き込みは終わりです。



製品間の差別化
顧客への認知
市場の共食い現象
製造機能 販売機能
融合した事業形態
商品企画から生産加工・販売までを一括
店頭の販売情報に基づく生産
在庫ロス 
販売機会ロス
流通ロス

完売できる商品を予測
企画・投入
需要予測の精度の向上
精度の高い在庫管理
POSデータと連動した在庫管理
追加生産の実現
売れ筋商品との同質化を阻止
自社ブランド製品を企画・製造・販売
すべての工程を一貫
顧客の要望に効率的かつ迅速に対応
サプライチェーン全体のムダ・ロスの極小化
協力先の生産工場へ情報の伝達
リードタイムの短縮
市場動向を無視した作りすぎによるロスの削減
市場ニーズにマッチ
タイムリーに企画生産
店頭情報と生産工場の情報共有化
生産管理体制との連動

心理的変数 サイコグラフィック基準
人口動態変数 デモグラフィック基準
同一製品群ブランド
ブランドイメージ
消費者の知覚による差別化
ブランド矛盾
オーバーラップ

ブランドの企業資産を活用
新しい市場の拡大・浸透
新ブランドの早期浸透
既存ブランドの予備軍
親子2世代の顧客
顧客予備軍
相乗効果

ターゲットの重複
自社製品と共食い現象
カニバリゼーションの発生
ブランドイメージの低下
既存ブランド支持顧客のブランドスイッチ

市場細分化基準
ブランドポジションの明確化
リレーションシップマネジメントの実施
商品面での高品質性
高品位なデザイン性
高級感あふれる商品イメージ
一体感のある売場づくり
提案型の接客方法
直接再告知
希少性と体感
共感を得る
店頭販売に限定
高感度な陳列
高品質な接客販売
ブランドロイヤルティーの回復・強化
顧客との関係性を強化
市場細分化基準の見直し
標的市場の再設定
マーケティングミックスの構築

広域認知度
ブランドエクイティー
品質への信頼感

商品調達先
コスト
協力工場
低価格ブランド
在庫ロスの発生
売り逃しの発生
見込み生産方式
再注文への対応
過剰生産
売れ残りの返品
店頭での売れ行きに応じた生産
効果的
効率的
ローコスト
高収益
高生産性
売場情報をクイックに伝達するシステム
製配販の各層での在庫・販売データの共有
実際の購入者のプロフィール
顧客情報
POSシステム
単品管理
コーザルデータ
スキャンパネルデータ
商品属性データ

ターゲットマーケットの明確化
既存ブランド名の活用
他商品との差別化
プロモーション費用の効率化
新ブランド開発リスクの回避
ターゲット市場の拡大
ブランドロイヤルティの強化
客層の重複
ブランドポジションが不明確
カニバライゼーション

コンセプトにあった戦略再構築
品質面での安全性・信頼性
低価格性
年齢層の適合性
年代別ブランドコンセプト
商品適合化
商品調達の手法
ロジスティックス
新規戦略構想

以上です。
[PR]

  by jinzabro | 2004-10-08 22:23 | 診断士

<< 平成13年事例Ⅲからみるキーワード 本番前々夜 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE