勉強するということ

診断士の勉強をスタートする前の自分を振り返って、ほんと勉強が好きになったなぁと思います。もちろん今までも仕事の必要に応じて勉強はしてきたけれど、そんなに面白いものでもなく、ただ売上のプレッシャーなど苦しさから逃れるためのものだったような気がします。



こんなに短期間で知識の詰め込んだのは大学入試以来ですが、もっといろんなことを知りたい、勉強したい、という思いが沸々とわいてくる今日この頃です。今大前研一の「企業参謀~戦略的思考とはなにか~」を読んでますが、面白いですねぇ。ページをめくるたび、ワクワクしています。前にエンデュー先生に「試験終わったらドラッカーとか読んでみたら面白いと思うよ。」と言われましたが、ホンマそんな感じです。

今、知識は財産だと、心からそう思います。なりたい自分になるために、したいことをするために、思ったように生きるために、受かってても受かってなくても、もっと勉強するつもりです。そうすればもっと広い世界が見えてくるはずです。もっと面白い人生がやって来るはずです。

いつか誰かのブログで読みました。「運とは宝くじに当たるようなもので、ギャンブルの類を言いますが、幸運とは自らの努力を通してやってくるものです。」
[PR]

  by jinzabro | 2004-10-16 00:08 | 診断士

<< しまったぁTACの解答説明会に... TAC/大原の2次解答速報を確... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE