カテゴリ:時事( 14 )

 

暑い時に食べたい食事

gooによれば、暑い時に食べたい食事は

1位:冷麺
2位:キムチ
3位:坦坦麺
4位:麻婆豆腐
5位:チゲ鍋

ということで、辛いものが食べたくなるそうな。
うーむ蕎麦とかじゃないんだねぇ。
[PR]

  by jinzabro | 2007-08-15 14:16 | 時事

杉村太蔵

杉村太蔵がブログを始めたってんで、1度はトラバっとかんと・・・
と思って、トラバってみました。

ブログはココね。
↓ ↓ ↓
杉村太蔵ブログ

まあなんだ、やれ態度がなってないだの、素養に欠けるだの、批判するヤツはぎょうさんおるけど、つまるとこ自分で手を挙げて始めたってーのはオレはすげぇと思うね。

今の構造改革だってそうだわな。

オレはそういう意味では小泉純一郎は小泉純一郎でいいと思うし、杉村太蔵は杉村太蔵でいいと思うね。新しい風を起こしたことと、くさびを打ち込んだことだけでも充分評価できると思うし。

何でも新しいコト始めるんはすげぇ大変で、パワーも根性もいるんだわ。
[PR]

  by jinzabro | 2005-11-12 16:35 | 時事

1億6300万円の「走る宝石」

さて、ライブドアから配信されているニュースを見ると
「1億6300万円の怪物カーがモーターショーに」なる記事が。
うーん気になる!と早速チェック!

すると2度倒産した悲しき名門ブガッティの
市販向け時速400kmのクルマが!
(つくったのはVWね)

世界限定300台中15台を日本で売る計画のようだけど、
キチンと売り切って、大躍進を遂げてホシィ。

BMWは元気だけど、ダイムラークライスラーは元気ないし、
GMもやばいし、欧米車が低調なだけに、名門の復活や躍進には
期待したいのデス。

日本の景気も随分とよくなっているので、15台ぐらいはポーンと
買ってもらえるでしょう!
でもチャネルは?と思ってググッたら今年の9月15日に
「二コル・レーシング・ジャパン株式会社」さんが正規輸入元に指名されたそうで。
(1993年にEB110の代理店にはなってます)
HPのつくりも結構いいかも。⇒ココね
やっぱキチンとブランドを語ってくれると関心の度合いは高くなるよねぇ。

はなしは飛ぶんですけど、中販店のHPって面白くない!
どこも妙な作り込みしてるけど、「語り」の部分がほとんどない!
「イメージ」露出と検索機能だけがメインで、全体的に見難いし。

逆説的に言えば、そんだけ新規参入の余地があるってコトですな?
と、とりあえずポジティブシンキング。w

ということで、ミーハーなオイラは早速ベイロン16.4を
デスクトップの背景に設定したのでした。

ちなみに昨日はスイングトレードのリスタート。
結果は?まあそれなりに手ごたえアリってとこで。
[PR]

  by jinzabro | 2005-11-05 11:17 | 時事

ゼファーの小型風力発電機「AIRDOLPHIN」

ゼファーの小型風力発電機「AIRDOLPHIN」「グッドデザイン賞」を受賞

こういう元気な中小企業をもっとつくらんといかんやね。
ちなみにゼファーはニュースステーションでも取り上げられた小型風力発電機のメーカー。ご存知の方も多いでしょう。家庭のベランダにも取り付けられる風力発電機を持っている。NEDOの支援で産官学共同の研究開発プロジェクトもやってる。

今住んでる船橋は海風が強いのと、部屋が4階でまわりに高い建物がないんでマジで風力発電できそうな感じ。取り付けたらいくらかかるんやろうか?ちょっと調べてみたいかも。
[PR]

  by jinzabro | 2005-10-14 09:54 | 時事

中堅・中小企業向けを中心に減少幅が縮小する銀行貸出

経済財政政策ホームページ 今週の指標 No.661より

中堅・中小企業向けを中心に減少幅が縮小する銀行貸出

以下引用
<ポイント>
1.中堅・中小向けの貸出の減少幅が縮小している要因として、第一に大企業と同様に過剰債務の調整が一巡し、有利子負債圧縮の動きが一段落しつつあることがあげられる。中堅・中小企業の有利子負債キャッシュフロー比率は2003年度以降、バブル期以前の水準まで低下しており、資金需要も徐々にではあるが、回復傾向にある。

2.第二の要因として、不良債権問題の正常化による金融機関の貸出スタンスの改善があげられる。中堅・中小企業の長期借入金は、97年末の金融危機を背景に金融機関の貸出態度が厳しくなると、大企業と比較して、大幅に減少した。銀行借入に代替する資金調達手段が限られている中堅・中小企業にとって、金融機関の貸出態度が大企業より強く影響していると考えられる。

3.今回の貸出態度の回復局面において、中堅・中小企業に対する改善テンポは大企業と同様に確かなものとなっている。こうした状況下、今後景気が着実に回復し設備投資の増加に伴って、中堅・中小向けを中心に銀行貸出が回復し、増加していくことが期待される。

中小企業向けファイナンスは改善中とのこと。
マクロ的にはいい傾向ですな。
[PR]

  by jinzabro | 2005-10-14 09:32 | 時事

中小企業は「あざなえる縄の如し」

ライブドアニュースより

米格付け会社のスタンダード・プアーズ(S&P)はこのほど、日本リスクデータバンクと共同で中小企業向けの「格付け」を開発したと発表した。

これに格付けの元になった分析手法が書いてある。

分析手法は単純だ。企業を4種類に分類する。

・資産超過かつ経常黒字、【A】
・資産超過だが経常赤字、
・債務超過だが経常黒字、
・債務超過かつ経常赤字 【B】

 この4種類。このうち、AとBを使う。

 5年内に、AからBへ転落した企業、逆にBからAへ再生した企業はどの位あるのか。AからBへは、97年Aであった企業の1割にのぼる。これに債務超過あるいは経常赤字を加えると3割に近づく。優良企業からの転落は、短い期間で、しかも高い確率で発生している。

 BからAへは、97年にBであった企業の1割にのぼる。これに資産超過あるいは経常黒字を加えると、なんと5割を超える。一時期の財務諸表からみて劣悪企業であっても、わずか数年後に業況が大きく改善することが少なくない。

ということで、何が言いたいかってーと、中小企業の純資産とは損益は数年単位で簡単に変りまっせーてことなんですな。だから慢心してもいかんし、悲観してもいかんと。そういうところに診断士の出番があるんじゃろうな。
[PR]

  by jinzabro | 2005-10-14 09:16 | 時事

ウォームビズ

ども。
今週から金土休みの日曜出勤になった関西人です。

帝国データバンクの調査で、「企業の3割がウォームビスの実施を予定・検討」だそうです。いいこですねぇ。CSRの観点からも、環境への配慮は好ましい。

前の会社は今年クールビスがはやる前から「サマーカジュアル」をやってて、「クールビズ」が始まった時、「もうやってるしー」と特にパブも打たなかった。まあ打ちたくてもニュース性が足りないので打ちようがなかったんでしょうが、他の会社で「今年クールビズ始めます」というパブが何度も出る度、「先に始めててニュースにならんのは、ちと悲しいねぇ」と退職者ながら思ったもんである。

取り組みが先進的過ぎて、世の中がついてけてないんでしょうなぁ。よく言えば。悪く言えば世の中の動きと乖離してるために、狭い世界で自己完結しているとも言える。まあ、辞めちゃった人が偉そうなことは言えんのだけど、頑張って欲しいですねぇ。儲かるアイデアは結構あるけど、辞めちゃった人なので、草葉の陰から応援するに留めときます。がんがれー。

話し戻りますが、中古車業界はこれでいて、結構服装にうるさい。というか基本スーツがスタンダード。クールビズだろうが、客先にノーネクタイで行くなんざ「もってのほか」なんだな。とはいえ、一応オフィスの中はノーネクタイOKになったので、ほぼオフィス勤務100%の自分にとってはそれなりに快適であった。

去年までは何もなかったらしいので、これぞ正に「クールビズ効果」なんだろう。ネーミングがいいやね。先進的な「気分」になるし。「ウォームビズ」も「クールビズ」の成功体験が足がかりになってるんやろうし、この絵を書いた人は結構たいしたものだなぁと何気に感心してたりする。

でもやっぱネーミングは大事やね。人の印象も第1印象が80%というではないかい。そりゃ商品もそうでしょう。いかに聞いた人をその気にさせるかって、第1印象が基本でしょ。ホントそういう意味では「中小企業診断士」って名前、どうにかしてホスィ。もっと考えて先進的な「感じ」のにして欲しいっすねぇ。って受かってたらもっと切実に思うんだろうな。
[PR]

  by jinzabro | 2005-10-14 09:06 | 時事

ほっとけない

こないだTVで見かけたCMですが、今日HPを見つけました。
アメリカ・フランス・イギリスでも同様のキャンペーンをやってます。

豊める国の責任なんてえらそうなこと言えませんが、
何かできればと、強く思います。

↓ ↓ ↓
ほっとけない世界の貧しさキャンペーン

日本UIP映画版CM
アメリカ版CM
[PR]

  by jinzabro | 2005-07-08 10:24 | 時事

地震

昨日夜に地震があった。うちのほうはちょっと揺れただけですんだが、千代田区は震度3だったらしい。東京湾が震源地というが、多少揺れるぐらいは東京では普通なので、別段大したことではない。ただ今住んでる家は築40年だったかで、既に建て替え時期に入っており、大きな地震が来たら、間違いなく倒壊するんじゃないかと甚だ心配している。

できれば建て替えたいものであるが、いろいろ複雑な事情もあり、そう一筋縄ではいかない。建て替えに必要な知識もないしね。できれば宅建ぐらいは持っておいて、業者との交渉というか選定に入りたいもんであるが、現状診断士が優先するので、宅建なんてまだまだ先の話である。

そもそもかみさんの実家なんで、ムコの僕がこんなことで気をもんでいるのは筋違いという考え方もあろうし、自分でもなんでオレが気をもんでんねん、と思うところもなくはない。ただ実際今住ましてもらってるんは事実だし、かみさんが気にしてることを気にしないというのは性格上できなところであるし。

そんなこんなで、地震のたびに「でっかい地震じゃなくてよかった。」と胸をなでおろす日々である。うちは2階建てで、その1階に寝ているので、1階部分が倒壊すると間違いなく死ぬのは僕とかみさんなんである。そういう意味でも全く人事ではない。正直鉄筋コンクリートの家に安心して住みたいもんである。誰か何とかしてくれー!というのは心の叫びなんである。いやマジで。
[PR]

  by jinzabro | 2005-06-02 08:49 | 時事

地震です

びっくりしました。
うちのかみさんは最初の揺れが来た段階ですでに飛び起きてました。

ガスが止まってて、うちのメーターの復帰ボタン押しましたが、まだ復旧しません。ガス会社の方でしょうか。

今日は予備のコンタクト大目に持って出かけます。
[PR]

  by jinzabro | 2005-02-16 05:24 | 時事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE