<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

ブッシュ靴避けゲーム

これは面白い。
F11を押して、全画面表示して遊ぶとなお良し!ですな。

http://www.zanorg.com/prodperso/bushoes.swf
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-21 23:48 | 経済

年賀状

やばいねぇ

まだ送り先も決まってないww

一応大体のデザインは決まったんやけど、送り先が決まらんと、買いにも行けんしな。

それはそうと、最近転職、給料についての雑誌を読んでる。

今更ながらふーんということ多し。
but、四季報見ての解釈だから、実態を反映してはいないんやね。
まぁあくまで参考ということで。

あ、別に自分が転職したいと言うことじゃあないのでww
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-21 15:40 | 私事

価格戦略

さて、今日は価格戦略のお話。

既にある商売もそうだけど、商品の売価設定をどうするか?というのはひじょーに難しい問題なのです。低価格で大量販売するのか、高価格であっても購買行動を起こす最大層にアピールするのかというのは、顧客ターゲット戦略とその後の販売戦略に大きく絡む問題なんですな。言っている事、わかりますよね?

にもかかわらず、価格戦略を「なんとなく」で決めている企業の如何に多いことか。
嗚呼嘆かわしい。

とりあえずライバル会社と比較してみたり、ライバル含めた「市場価格」と比較してみたり。そんでもってそれよか高いだの安いだのやってるわけだ。

ハッキリ言ってそんなん全く意味ないんだな。これが。なんでってターゲットがそもそも違うやんということやね。それとも「ライバル」と考えている所と、顧客ターゲットが全く同じなんかね?ありえんでしょう。どう考えても。

市場をマスで考えているからそーいう勘違いをするわけで、似たような商品であっても、全く同じ人がそれを全部買ってたりするわけがない。つまり例え似てる様に、見えたとしても、ターゲットは全く違うってー事だね。

ということは自分とこの顧客は自分たちにしか理解できないわけで、それをどう理解するのかが重要やね、って事だ。

例えば最近「高額所得者向けサービス」がいけてる、とかいうアナリストとか、評論家さんがいらっしゃるが、そーいう高額所得者向けサービスを提供する側ってーのがホンマに高額所得者の購買動向を理解してるかってーとできてないことが多いわけだ。

でもってグループヒアリングとかやるわけだが、そんなグループで聞いても表面的なうわっつら話しか出てこない。冷静に考えればふつーにわかることなんだけどさ。

それでも「聞こう」という意思があるだけまだましで、「聞きもしない」アホたれな企業の何と多いことか。嗚呼嘆かわしい。

まあ俺はコンサルが商売じゃないから、よそさんがそーやって勘違いマーケティングやってる間にとっとと市場をとっていくだけの話で。

どこの誰が言ったか、成熟市場においては成長は難しいし、ましてや新規参入なんてトンデモナイ!というのが世の定説なんだが、そんなしょーもない勘違いマーケティングしかやってないような企業ばっかの市場では、ぶっちゃけ成熟もへったくれもないわけよ。

不況だ、いや市場はもう飽和してるとか、ホンマ聞いててバカバカしい。逆説的に言えば、そんなろくでもない企業さんが「ほとんど」やから、いくらでもつけ入るところがあるわけで、ホンマにありがたい話ですわ。

今日も仲間と話してて、新しいビジネスのアイデアが沸いて出てきたww
とりあえず初年度で億は硬いな。しかも初期投資はほとんどいらん。
なんで皆さんこぞって商売は大変だーとか、売上が伸びひんわーとかいってんのか、正直意味わからんし。

昔リーマンやってたとこの話とか、タマに聞くけど、正直いつまでちんたらやってんの?って思うね。マジで。過去の成功体験なんぞいつまでも引きずって、変われないし変えれない。変えようとする気概のある社員もいない。辞めてよかったわーホンマ。とつくづく思うね。まあ基本的に中小企業とか、大企業でもオーナー企業ってーのは、社長がアホやと業績も悪くなるのはしょうがないんやけど、それを言い訳にしてなーんもせん社員が量産されていく様は見ていて笑える。いやマジでww 

話が脱線してしもうたけど、要するに価格いうんは客が決めるもんやいうことやね。でもってどの価格が正しいのかは、前回の話やないけど、「テスト」するしかないわけ。

テストよ、テスト。

京セラの稲盛さんは「値決めは経営」いわはったけど、正直マーケティングセンスない社員しかおれへん会社でテストもくそもないけどな。

まあ、皆の衆、効果ない方法でいつまでも頑張っておくれ。
その間にさくさく市場取らしてもらうさかいにww
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-20 17:47 | ネットなお仕事

マーケティングはテストだ!

マーケティングの定義なんていいうのはいくらでもあるけれど、とどのつまりは「テスト」のこと。マーケティングの言葉を分解してみると良くわかる。

「Market」+「ing」
つまりターゲット市場に対する現在進行形。

これでは良くわからんと言う人のためにちょい補足すれば、常に市場は動いている、すなわち顧客動向は動いているし、顧客ニーズも変化している。

ということはマーケティングに完全なる正解というのはなくて、「いかに、今の顧客心理にマッチした商品を提供するか」ということにしか過ぎないと言うことになる。

リサーチがマーケティングと言われる所以はこの辺にあるんやけど、だからと言ってそのものズバリがマーケティングのことではない。何故ならリサーチには市場に対するアクションがないんだよね。

市場に対するアクション⇒結果の検証⇒仮説設定⇒アクションプランの修正⇒もいっかいアクション⇒・・・・というのを延々とやるのがテストであり、マーケティングであると言うことだ。

まあ完全な解と言うものはどうせこの世には存在しないから、各自で好きに解釈すればいいんだけどね。

ただ何にせよ、マーケティングはセールスと密接な関係があって、「もの売って何ぼ」というのは変わらない。

この辺がわからないアホたれリーマンが多すぎ。

自分の仕事は企画だから・・・とか言って悪い数値責任を取らない。
そのくせ、いい数値は自分の手柄だと言いたがる。

そういう典型的なリーマン根性丸出しの奴って正直胸糞悪い。

文句あるなら辞めて自分でビジネス始めろって。
マジで。

絶対成功しないけどね。
そんな奴。
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-19 16:46 | ネットなお仕事

写真撮影

今日は天気が良いので、年賀状用の写真を撮りに行ったんだけど、天気が良すぎると良い写真が撮れないという事がわかりした。

明るい方へ顔を向けるとまぶしそうに眉間にしわを寄せるし、反対を向くと逆光で顔が暗くなる。

うーん、これはダメだ。
多分うす曇の時のほうが笑顔の良い写真が撮れるんだろうな。

とはいえ、もうあと2週間で今年も終わるので、これから写真を撮るとか、現実的じゃねぇ・・・

しゃあねぇから、これまでとった中から年賀状を使うしかないかねぇ・・・
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-15 17:02 | 息子

昔の勤務先が上場しました

思い起こせば11年前、新卒で就職した会社が、昨日上場しました。ずーっと上場すると言いつつ、なかなかできずにいたんだけど、昨今の食品不祥事に伴い、会員数が増加傾向とのこと。でもってようやく上場できたということらしい。

が、今は地合が悪いし、来年はもっと悪くなるリスクがあるのでどうかとも思うのだが・・・(アメリカでサブプライムの次が時限爆弾として起動しているのだ)

VCなんかは半年たって売却できれば万々歳ということなんだろうけど、なにせ昨日今日と流動数が少なすぎる。コレが続けばいわゆる「売るに売れん」と言う状況になってしまっている。人事ながらどーすんだそれ?って感じで。

社員の皆さんは、半年経ったらとっとと現金化したほうが良いよ。
と一応オススメしときましょう。
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-10 18:37 | オーガニックな仕事

ロックフェラー回顧録

コレがまた長い!

↓ ↓ ↓

ロックフェラー回顧録

b0013206_13411118.jpg


細かい字で650pもありやがるww
読み始めて今日で1週間目なんだけど、まだオワラネ。

ロックフェラーはロスチャイルドと並んで、2大陰謀発信源といろんなところで言われておりますが、もちろんそーいう話は出てきません。

ロックフェラーといえば言わずと知れたユダヤ人。
でもってユダヤ人は世界を牛耳っているという陰謀説がまことしやかに言われるわけだけど、まぁそんな話はとーぜん出てやきませんやね。

ただ、スタンダードオイルに始まるロックフェラーの血と財団の力をを最大限利用し、財界でのし上がっていく、そーいう話です。(政界でも影響力を持って、それを自慢もしてるけどね)

読むと、血があって、相続したものがあってもそれに潰れていくヤツは結構いるようで。むしろ極に分かれるんやろうね。

マーケティング的に言えば、すでに政財界に著名になっている人間を介したほうが、信頼性なんてどーにでもなるという、見本にはなるわな。自分がそれをしたいかどーかは別にして。ただ、ロックフェラーはやだと思っていても、尊敬する有名な人から推薦をもらいたいというのは人間の欲求としてふつーのことなんで、すでにそこで自己矛盾をおこしてるわな。

それを自分の中で解消できるなら、まともなマーケッターだと言うことやね。
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-09 14:46 | 読書

これからチャンスの事業は・・・

1.教育事業
2.コンテンツ事業
3.エンタテイメント事業


になるのだ。


全てのリアル事業は、すべからくコンテンツ化できるので、そーいう方向性を持つことで、事業体の利益率は格段にあがるわけだ。
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-05 22:34 | ネットなお仕事

エキサイトに戻った理由

はともかく、最近はとにかくDVDを見、本を読み、買って間もないブルーレイで撮りためたドキュメンタリーを見て一日が過ぎていきます。

仕事しろよ!
という声が聞こえてきそうですがww
まぁそこは自由業の気楽さ。

抱えてるローンもないしのぉ

そんなわけで今日は「加藤一郎」氏のネットビジネスセミナーDVDを見てます。知らん人は多いでしょうが、一応コンサルさんなので、そつなく、もれなく、抜かりなく進行していきます。

ただちょいと笑いが欲しいなぁというのと、DVD1枚が2時間以上あるので、それがちょいとなげーなぁというのはありますが。

まぁ基本を振り返るには良かったかな。
[PR]

  by jinzabro | 2008-12-05 22:11 | 私事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE