条件面談

第3志望の会社には「そんなに待てん」と言われて、内定がちゃらになったので、第2志望と第4志望の会社の条件面談に行ってきました。どちらも最低希望年収ギリギリ。でも第2志望の方が圧倒的に魅力的でした。入社後4ヵ月後に見直しありとのこと。それは希望年収までいってしまうと、もうひとつ面接が必要になるのです。それはそれでもいいんですが、2次面接をしてくれた執行役員の方が、「是非来て欲しい」と言ってくださっているようで、もうひとつ面接がかむと結果がリスクにさらされるのでそれを避けたい。それを避けるには希望には届かない額で一旦入って、4ヵ月後に見直せばいい。と考えてくださったようだ。そこまで言ってもらえると正直心は動く。いやそれ以前にありがたいなぁと、人生捨てたもんじゃない(大げさ)、と思う。

第4志望は、年収の説明そのものに納得がいかない。こちらへの配慮はなく、ただの会社側の都合。求人票の賃金欄には希望より大きな年収額が記載されていたので、求人の金額がうそっぱちなんやと知り、がっかり。出す気がないならそんな金額書いたらアカンやん、ほんま。仕事は面白そうやったけど、そういう企業姿勢は好かんので、あえなくボツ。

あとは土曜日に1社の最終を残すのみ。ハンズオンのベンチャーキャピタルなんだが、入社したメンバーは若くてもパートナーとして位置づけるという。1次面接してくれたおにいちゃんも27歳やったけど、パートナーだったな。ただパートナー待遇だと、完全業績連動型賃金である可能性が強いので、たぶん提示される年収はメッチャ低いんやろうなぁ。まだ全然稼いでないからねぇ。でも仕事は面白そうなんだな。まあ、まずは最終でしょうが。

第1志望はもうとっくに落ちているので、これで残ったのは2つだけ。来週火曜ぐらいには結論ださんと。長かった転職活動もようやく終わりですわ。(しみじみ) でももう少し勉強していたい気も・・・(笑 あとは入社日の調整をどうするか、が思案どこですな。
[PR]

  by jinzabro | 2005-06-17 06:49 | 転職

<< あげまん いいニュース >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE